欠陥マンションは売れるか


マンションに欠陥のあることを黙って売ることはできません。皆さんがマンションを売るときは、新築当初販売会社と契約したときと同じように、今度はみなさんが買主に対してマンションに関するすべての情報、現状をきちんと報告しなければならないことになります。それが重要事項説明書といわれるものです。

明らかに重大な欠陥を知っていて隠して売ったとなれば、今度は売り主になる貴方が瑕疵担保責任(民法570条・566条一項)を問われます。中古マンションは、新築と違い何らかの問題があるのではということを想定して、その度に売り主に責任を問われると大変ということで、現状のままで引き渡すという「現状有姿のままで」の文書が盛り込まれた契約をする場合が一般的なようです。売り主からしてみれば、そのような売買契約をしておけば、小さな瑕疵も含めて「隠れたる瑕疵」であっても逃げ切れると思うのが常のようですが、建物の構造上にかかわる大きな瑕疵については、社会的道義的に考えても無理でしょう。ただし、表面から明らかに特定できる瑕疵は、事前に検分をして売買時にはわかっていたでしょうとして過失とされますので、購入者は事前チェックをよくすることが重要です。

【Q欠陥マンションの買い戻し請求はできるのか】

もし売買等の契約の目的物に瑕疵があった場合は、販売会社に対して当然売買契約に基づいての瑕疵担保責任として売買契約の解除、または損害賠償の請求ができます。しかし、売買契約の解除はその瑕疵箇所が補修困難か、あるいはその補修を施工するために高額の費用がかかるという場合です。販売会社にとっては売買契約の解除は、会社経営に大きな棚失を与えるとともに、他の購入者にも大きな影響等が生じるため、契約解除を極力避け、無理矢理でも補修ですませようとします。

一方、購入者は完成度100%の新築物件を購入したのであって、一度ケチがついた物件は新築として認められないので契約解除して欲しいという要求が多く、瑕疵物件に対する解決方法は、販売会社と購入者ではまったく平行線です。しかし、現状の瑕疵担保責任での契約解除は、販売会社が瑕疵と認めて解除に応じないかぎり、購入者の主義主張は裁判で争うしかなく、この点でも欠陥マンションをつかまされた購入者(消費者)は保護されていないといってよいでしょう。

また、裁判に持ち込んだとしても、瑕疵を瑕疵と認めさせることのできる客観的な調査データーを裁判所に提出しなければなりません。それに費やすエネルギーや建築士、弁護士にかかる費用は大変なものです。一般的に日本の裁判は、費用と時間がかかりすぎるというのは欠陥マンションでも例外ではありません。それらのことを実体験してきた集住センターはできるだけ裁判に持ち込まないで、販売会社に新築といいながら未完成な建物を販売した社会的道義的責任をとってもらうという形で、集住機構の建築士といっしょに交渉しながらいくつかの欠陥マンション問題を解決してきました。その中でも契約解除に至ったのはわずか一件でした。


アメリカのスポーツカジュアルブランドでもある,グラミチをしっていますか。グラミチは,個性的キャラクター「ランニングマン」をブランドのアイコンとしており,1982年にカリフォルニアの小さな倉庫で,ロッククライマー,マイク・グラハム氏が立ち上げたブランドになります。
メジャーなアイテムはパンツとなっていて,180度自然な開脚を可能にしたガゼットクロッチと,片手で簡単に調節することができるWebbingベルト,そして,ゆったりとしたシルエットが特徴のグラミチパンツ・グラミチショーツは,全米のみならず,日本でも高い人気を誇っています。
また,エコ活動にも積極的に取り組んでいて,消費者へのエコ商品の提供を手広く広げています。
世界各地の“ホンモノ”だけをお届けをモットーに,厳選されたオシャレなアイテムを見つけることが可能なので,ぜひ当サイトでお気に入りのグラミチのアイテムを見つけてみませんか。

東京都内で引っ越し先を探している方はぜひ,文京区へ引越しをしませんか?文京区は,23区内で一番治安が良いと言われている地域となります。区内には繁華街や歓楽街がなく,交番も多く設置されているので,事件に巻き込まれるということで心配する必要もありません。
住むならやはり治安が良い地域で住みたいですよね。そこで,ぜひこの機会に文京区の賃貸物件で生活を始めてみませんか?
文京区は,文の京とついているように,かつて夏目漱石らの文豪たちが生活していたエリアで区内には彼らに関する建物などが残っています。昔ながらの風景が残っている地域もあるので,歴史散策としても楽しめること間違いなしですね。文京区の賃貸物件だからこそ快適に過ごせること間違いなしです!高い教養を受けられる文京区の賃貸物件で、素敵な暮らしを送りましょう。

兵庫県の県庁所在地,神戸。
その神戸で貸店舗をご覧になりませんか?
神戸は古くからの港町として知られ,貿易の拠点として栄えていたので,様々な国の要素を取り入れてきた街です。
旧居留地や有馬温泉,風見鶏の館や中華街など様々な面を持っています。
大阪湾に面し,六高山地が海の近くまで迫っているので,市街地は南北に狭くなっていて,東西に長い地域です。
その中に,多くの企業もあり,観光客も多く訪れる神戸市ですので,このエリアでご自分の夢を実現させませんか?
神戸市の貸店舗は,事務所向けから,1階の路面店,飲食店向きやスナックやバー向けなどの物件が多数あります。
独立したい方,新しい店舗への移転をお考えの方は,ぜひ神戸での貸店舗で実績を作っていきませんか?